2010年04月08日

「奥西死刑囚の釈放を」=支援者ら要請、名張毒ぶどう酒事件(時事通信)

 名張毒ぶどう酒事件の第7次再審請求で、最高裁が名古屋高裁に審理を差し戻したことを受け、奥西勝死刑囚(84)の支援者らが7日午前、差し戻し審を担当する名古屋高検に同死刑囚の釈放を求める要請書を提出した。
 要請書では、奥西死刑囚の釈放のほか、同高検が異議申し立てを取り下げて再審開始を確定させることや、事件当時の供述調書などの証拠開示を求めている。
 提出には支援者18人が集まった。特別面会人の稲生昌三さん(71)は「今すぐにでも奥西さんを釈放してもらいたい」と力を込めた。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
〔用語解説〕「中国の死刑制度」
〔用語解説〕「海外での日本人死刑問題」
〔用語解説〕「中国の死刑制度」
「なぜ差し戻し」「無罪に光」=弁護団、最高裁決定に表情複雑

若林氏辞任で鳩山首相「大変驚いている」(産経新聞)
9地点で多雨記録更新=気温変動激しい−3月の天候まとめ・気象庁(時事通信)
開業まで2年、早くも観光名所…スカイツリー(読売新聞)
田園調布駅で扉開け忘れ(産経新聞)
<掘り出しニュース>“まんが王国・土佐”をブランドに! 県が「まんが・コンテンツ課」新設(毎日新聞)
posted by ヤギシタ トモル at 02:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月06日

<脅迫>ネットで参院選候補 容疑の男出頭 書類送検へ(毎日新聞)

 インターネットの掲示板サイト「2ちゃんねる」に、今夏の参院選比例代表に自民党公認で出馬予定の経済評論家、三橋貴明さん(40)を「殺す」と脅す書き込みがあったことが警視庁万世橋署の調べで分かった。1日に埼玉県警上尾署に出頭してきた無職の男(34)が「自分が書き込んだ」と供述しているといい、万世橋署は脅迫容疑で書類送検する方針。

 同署によると、3月31日、三橋さんの関係者から同署に相談があった。【神澤龍二】

【関連ニュース】
日本医師会館:届いた鉢植え、突然発火 けが人なし 東京
宅八郎氏:不起訴処分に…神戸区検
脅迫文:兵庫県庁と神戸朝鮮高級学校に 高校無償化巡り
恐喝未遂:「ステレオポニー」の掲示板で現金要求 男逮捕
脅迫容疑:部下を車内に4時間“軟禁” 大和市職員を逮捕

「粘り強い捜査に敬意」=中国ギョーザ事件で警察庁長官(時事通信)
医師国試、合格率は89.2%(医療介護CBニュース)
若林氏失態「議院内閣制根本から覆る」菅氏(読売新聞)
<高校無償化法案>31日成立へ 参院文教科学委で可決(毎日新聞)
京大病院 爆発物騒動で患者を逮捕 威力業務妨害容疑で(産経新聞)
posted by ヤギシタ トモル at 14:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月03日

自民党 「逆仕分け」で反転攻勢…選対に若手起用も(毎日新聞)

 自民党は週明けから与党時代に設置した政務調査会の「無駄撲滅プロジェクトチーム」(河野太郎座長)を再起動させ、政府の10年度予算を「逆・事業仕分け」する。また、今夏の参院選を挙党一致で戦うため現行の選対本部を組織改編し、中堅・若手議員を積極登用する方針。執行部は両院議員懇談会を機に党内対立を収束させ、ようやく反転攻勢に打って出る構えを示した。

 「逆・事業仕分け」は5、6両日に実施。第1弾として、子ども手当(厚生労働省)▽高速道路無料化社会実験計画(国土交通省)▽農業の戸別所得補償制度に関するモデル事業(農水省)−−など政府・民主党の目玉政策を対象にする。

 河野氏は昨年11月、政府の事業仕分けを視察した際、「うらやましい」とこぼした。与党時代、自身の取り組みが党内で足を引っ張られたためだが、今回は大島理森幹事長ら幹部が「仕分け人」に加わる。シンクタンク「構想日本」の協力も取り付け、「仕分けはこちらが元祖」と意気込む。第2弾以降も準備している。

 一方、選対の新組織は、総裁、党三役、参院幹部らをメンバーとする従来の選対本部がともすれば「名ばかり組織」だったことを反省し、「権限と責任を伴う実効性を持ったもの」(幹部)にする。中堅・若手も役員待遇になり、参院選のキャッチコピーや遊説の企画・立案などを担当するほか、党政調と連携して政権公約作りにも関与する。

 谷垣禎一総裁は1日の両院議員懇で「人事を大きくいじろうという考えは毛頭持っていない」と述べ、参院選前の執行部交代を明確に否定。目立った反論はなかった。

 中堅・若手を選挙態勢に組み込むのは、執行部が「このままでは参院選を戦えない」という批判を逆手に取った側面もある。党運営に批判的な舛添要一前厚生労働相を新組織の主要ポストで処遇することを検討しているが、舛添氏は役職就任を拒否する意向だ。

 「谷垣降ろし」に火をつけた舛添氏と与謝野馨元財務相はこの日の懇談会に姿を見せず、谷川秀善参院幹事長は「ご予定があったのかどうか知らないが、来なきゃあかんわね」と不快感を示した。【木下訓明】

【関連ニュース】
自民党:執行部、現体制で参院選…谷垣総裁
自民:議員懇を拡大…立候補予定者も参加 4月上旬に
与謝野氏:小沢幹事長と同席 憶測呼ぶ 会話の中身は…
自民党:与謝野氏と舛添氏 党にとどまる姿勢を鮮明に
みんなの党:「自民党は終わった」 渡辺喜美代表が講演で

中国毒ギョーザ 家族思い、いい子だった…容疑者の両親(毎日新聞)
<茨城死体遺棄>容疑の男2人を逮捕 交際巡りトラブル(毎日新聞)
深夜、神戸のホテルぼや 宿泊52人避難騒ぎ(産経新聞)
横尾忠則さん、泉鏡花文学賞受賞後第2作 小説集「ポルト・リガトの館」刊行(産経新聞)
POLYSICS武道館ライブでカヨ卒業「イママデアリガトウ」
posted by ヤギシタ トモル at 05:47| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。